残価設定ローン中でも売ることは出来る?

毎月の返済額が少ないことから経済的に苦しい方で車のオーナーになれる残価設定ローン。
確かに一般的なローンを組むより毎月の返済がかなり楽になりますが、3年なり5年なりで乗り換えるなり、買うなりしなければならないという少し悲しい一面もあります。
オーナーのなった以上とことん乗っていたというのが普通だと思うですが・・・。

 

こういった残価設定ローン中の車ですが買取店などで売ることは可能です。
基本的には普通の自動車ローンを組んで買った車と同じ扱いとなります。
売却金額をローン残高に充てて、名義をオーナーのものとし、それから名義変更するという段取りをとります。
しかし、残価設定ローン場合は少し注意しなければならないことがあります。
それは毎月の支払額が少ないため、通常の自動車ローンの場合よりローン残高が多くなるということです。
これは3年ないし5年といった短い期限が設定されていることもあるでしょう。

 

例えば300万円の車で3年乗った場合、自動車ローンで支払った場合、毎月50000円の返済だとして単純計算で180万円の返済が終わっていることになりますが、残価150万円で5年契約の残価設定ローンを組んで毎月25000円の返済を行っていた場合、3年で90万円しか返済していないことになります。
かたや120万円、かたや210万円と残っている金額の差は歴然です。
買取店での売却によって果たしてこの210万円を確保することができるでしょうか?
もともと残価設定ローンは契約満了まで乗り続けることを想定して作られているものですので、それを途中で売却するというのは少々無理があるのかもしれません。
ただ、買取る側としては普通のローン返済中の車を買い取るのと同じですので売却することは可能ですが、果たしてそれで金銭的メリットがあるかどうかは全く別問題です。
ローンの残りが多いのできっと残債ローンや他からお金を借りることになるでしょう。
そうなると無駄な利息を支払わなければならなくなります。
目的は人それぞれですが金銭面を楽にしたいと思って売るのであれば止めた方がいいかもしれません。